安くする方法 1~3 自動車保険を安くするコツ

このサイトでは、自動車保険料を安くする15の方法を説明します。

このページでは、15の方法の中で
安くする方法 1~3をご紹介します。

年齢条件 自動車保険を安くする方法 其の一

運転者限定の一番定番のものです。
運転者限定による自動車保険を安くする方法が一番の定番なので、まさに定番中の定番。自動車保険節約の王道です。まずはここから始めましょう。

年齢による状況を付けなければ、もちろんその限定からすると誰でも運転をして保険を適用させることができます。しかし当然ながら保険料は一番高くなります。

そのため、自動車保険を安くしたいのであれば、基本的にはこの年齢条件は付けるべきです。具体的な方法としては「運転をするであろうもっとも若い人にあわせて設定する」ことです。
保険会社によっても異なりますが、おおむね、
21歳以上限定・26歳以上限定・30歳以上限定
と設定してあるのが定番です。35歳以上というものもあります。

この年齢条件にこのあと登場してくる家族限定などを組み合わせて保険料を更に絞っていくことになります。

家族限定 自動車保険を安くする方法 其の二

家族を限定にすることで自動車保険が安くなります。会社によっては5%程度安くなるところもあります。
自分や同居人以外に運転させることが無い人はこの割引制度を利用する事をオススメします。

当たり前のことですが、家族以外が運転した場合には補償はありません。
ここでの家族とは、本人・配偶者・同居の親族・別居の未婚の子、というのが一般的です。

そのほかにも「家族限定」の範囲を厳しくしたもので「夫婦限定」「本人限定」「家族内記名運転者限定」などの付随特約もある自動車保険会社もあります。

この「家族限定」と其の一「年齢条件」を組み合わせることによって更に一定の年齢以上の家族の運転だけが補償され、それにより自動車保険料も安くなります。


今年は自動車保険の見積もり比較情報サイトで無料で見積りしよう!

お得な自動車保険無料で簡単な一括見積り比較サイトで見つけよう!
自動車保険“高い”と思った事無いですか?保険会社(損保会社)のサービスによって料金とサービスがかなり異なります。
初めて自動車保険の一括見積り比較サイトを利用する方にも簡単で見積りが取れて、しかも、自動車保険見積りは無料です。
今年は自動車保険の見積り比較サイトで自動車保険を見直しましょう!

等級 自動車保険安くする方法 其の三

自動車保険では、用途や車種、担保条件などにより基本保険料が区分されています。しかし、この区分では個別の危険度が保険料に反映されていません。保険料の公平な観点から、過去の保険事故歴に基づいて保険料の調整を行っています(ノンフリート等級別料率といいます)。

最初の自動車保険契約時は通常6等級です。加入している自動車保険を使わない、1年間無事故であれば、等級が1等級上がり(次回の契約時は7等級に)、逆に事故があれば3等級下がります(次回の契約時は3等級に)。

要するに、前年に自動車保険を使わないと等級が上がり、自動車保険料は安くなるという事です。

この等級ですが、保険会社が替わっても引き継ぐことは可能です。ただし、前契約が満期や解約などで終了した日の翌日から起算して、7日以内でなければなりません。

今年の自動車保険は一括比較見積もりサイトで安くなります

あなたが今まで使っている自動車保険は一括比較見積りサイトでまだまだ安くなる可能性があります。 毎年そのまま更新していた場合、この機会に自動車保険料を見直してみませんか。 自動車保険の見積りは完全に無料なので、今すぐに自動車保険の一括比較見積りサイトであなたの保険料をチェックしてみませんか? みんながやっている自動車保険を安く探す方法をやってみませんか

最終更新日: 2015年02月10日