安くする方法 13~15 自動車保険を安くするコツ

このサイトでは、自動車保険料を安くする15の方法を説明します。

このページでは、15の方法の中で
安くする方法 13~15をご紹介します。

車の車種・大きさ 自動車保険を安くする方法 其の十三

事故率の高い車種が保険料が高くなることが多く、スポーツカーや大型車などがこれに当たります。逆にファミリータイプのワンボックス、RV、国産車などの保険料は安いです。

補償限度額 自動車保険を安くする方法 其の十四

賠償の補償ではなく自分側の補償額の設定でも、自動車保険料を安くすることはできますが、殆ど変わりません。

保険金の支払い限度額については、とくに対人、対物賠償については「無制限」で加入しておくのが安心です。

補償限度額を下げると確かに保険料は安くなりますが、小額です。
もし事故を起こして自己負担が大変な額になったら、どうでしょうか。一生大きな負担を抱えることにもなりかねません。なんでも「安ければいい」というものでもありませんね。


今年は自動車保険の見積もり比較情報サイトで無料で見積りしよう!

お得な自動車保険無料で簡単な一括見積り比較サイトで見つけよう!
自動車保険“高い”と思った事無いですか?保険会社(損保会社)のサービスによって料金とサービスがかなり異なります。
初めて自動車保険の一括見積り比較サイトを利用する方にも簡単で見積りが取れて、しかも、自動車保険見積りは無料です。
今年は自動車保険の見積り比較サイトで自動車保険を見直しましょう!

車両保険 自動車保険安くする方法 其の十五

自分の車が衝突・接触などで損傷したり、火災・盗難などにあった場合のための保険です。
また、車両保険には、「一般車両保険」と「エコノミー+A車両保険」の2種類があります。

なお保険金額はその自動車の車種や年式によって「時価」を保険会社が設定します。その時価以下の金額で契約します。時価以上での契約はできません。

一般タイプ
「一般タイプ」は、一番の補償範囲の広いものです。自身の過失による単独での自損事故や当て逃げ、盗難による被害もカバーされます。

エコノミー+A特約
「エコノミー+A特約」は、一般車両保険の内容から単独事故と当て逃げされた場合が補償対象から除かれています。盗難・火災・自然災害などは対象です。自動車対自動車の事故と盗難や火災等が対象です。

今年の自動車保険は一括比較見積もりサイトで安くなります

あなたが今まで使っている自動車保険は一括比較見積りサイトでまだまだ安くなる可能性があります。 毎年そのまま更新していた場合、この機会に自動車保険料を見直してみませんか。 自動車保険の見積りは完全に無料なので、今すぐに自動車保険の一括比較見積りサイトであなたの保険料をチェックしてみませんか? みんながやっている自動車保険を安く探す方法をやってみませんか

最終更新日: 2015年02月10日