「ICO」タグの記事一覧

Bounty0x(バウンティーゼロエックス) BNTYとは?買い方や最新ニュース・チャートの予想!

仮想通貨

Bounty0x | BNTY の最新チャート

Bounty0x | BNTYとは?

通貨単位はバウンティーと呼ばれ、賞金・報酬という意味になります。タスクを完了したら仕事を完了して報酬を支払うといったイメージです。

19世紀における北アメリカ時代区分を西部開拓時代と言いますが、旧西部では政府は犯罪者の捕獲に恩恵を支払っていました。

そのコンセプトは現在でもオンラインマーケティング、ソフトウェア開発、コンサルティングの一部でも使用されています。

Bounty0xの目指す未来とは、トークン化された経済です。

通貨名 Loopring(ループリング)
通貨略号 LRC
公開日 2017年8月1日
発行上限枚数 14億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
  • Kucoin
  • Gate.io
  • EtherDelta
  • Token Store
公式サイト
公式Twitter
ホワイトペーパー https://bounty0x.io/whitepaper.pdf

BNTYの構想

  1. 奨励金を掲示し、賞金を支払って賞金を支払ってバウンティキャンペーンを主催し管理することを可能にする
  2. 参加しようとするユーザーを可能にする、3つのキータスクを達成することによって、分散型未来のビジョンを推進し、 (以下「賞金ハンター」)は、賞品リストを検索し、前記賞金に参加し、報奨金を受領。
  3. 第三者の査読者を有効にすることによって賞品タスクの提出を見直すプロセスを自動化するBNTYトークンを価値と引き換えに賞与することにより、賞金受領書の精度と品質を保証します。

企業は、報酬を受け取ることと引き換えに仕事を完了するためにコミュニティメンバーを募集する手段として、奨励金を利用しています。現在、タスクを達成しようとするチームにとって利用可能なオプションは非効率的です。

奨励金を受け取るために、スタートアップチームは、潜在的な奨励金のハンターに利用可能な賞金を広告するために、フォーラムやチャットグループへの投稿に時間を費やすことがしばしば必要です。

奨励金を受領しており、すでに完了している(企業/組織/ ICO /エンティティ)を特定することは、ユーザーにとって難しいことです。

さらに、すべての賞金が正確に完了し、賞金を完了したユーザーが正しい住所に支払いを受けることを確実にすることは困難です。

プロセス全体が非効率的で時間がかかります。

このプロセスは非効率的であるため、賞金の恩恵の範囲と幅は、賞金稼ぎのホストにアウトソーシングすることができます。

Bounty0x.ioは、企業や新興企業がプロジェクトに貢献した何千人もの奨励師の助けを借りて、より多くの仕事を達成することを可能にする。 Bounty0x.ioは、Bounty HostsとBounty Huntersがお互いに有益な取り決めで協力するワンストップショップです。チームは、独自のネイティブトークンを使用して任意の賞金の要件を満たした貢献者に支払いを簡単かつ効率的に支払うことができます。確認プロセスと評判システムが組み込まれ、支払いが行われる前に各タスクが正常に完了したことを確認します。

メモ

まるでゲームの中の1シーンのような気がしますが、すでにランサーズやクラウドワークスといったアウトソーシングは主流になりつつあります。

それをブロックチェーン技術を用いてさらに効率化しようというのがバウンティーゼロエックスのコンセプトだと思います。

SNSへの投稿、ブログへの投稿、記事の翻訳などといったものは外注化しやすいので、これら全てを一括するプラットフォームとしてbntyが主流になることは考えられる未来だと思います。

イメージとしては掲示板を見て、仕事を受注し、タスクを完了していくことでバウンティーハンターになれるわけです。

BNTYがKucoin上場後、moonしお祭りに


Twitterでも日本人の方がすでに嗅ぎつけているようでこれから更に人気が上がることが予想されます。

Bounty0x | BNTY 取り扱い国内取引所

現在、日本国内でBNTYを取引できるところはありません。

今後以下の取引所で取り扱われる可能性はあるので、登録はお早めに!

  • ビットフライヤー
  • コインチェック
  • GMOコイン
  • Zaif

取り扱い海外取引所

  • Kucoin
  • Gate.io
  • EtherDelta
  • Token Store

2018年1月1日現在、上記の取引所で開始されています。

今後国内取引所に上場する予定は?

Bounty0x(BNTY)はプラットフォームの構想としては非常に面白いと思います。

プリセールでは25万ドル、メインセールでは150万ドルのトークンを発行しすでに人気の通貨となっています。

2018年1月1日現在、11円とかなり買い求めやすくなっているので、保有していれば上昇することは容易に想像できます。

UTRUST(UTK)は爆上げ間違い無しのICO!

仮想通貨

UTRUST(UTK)とは?

UTRUST(ユートラスト)は購入者が暗号通貨を使うことにより、販売者に代金を直接支払うことのできるプラットフォームです。

ブロックチェーン技術を利用するので、販売者に支払い者の情報が漏洩することもありません。

懸念される個人情報や支払い間のトラブルや仲介ですが、UTRUSTが消費者保護・購入者販売者間の紛争も解決するそうです。

もしユートラストが仮想通貨の価格変動という点をクリアできるのであれば、クレジットカードやPaypalに取って代わる革命的な決済プラットフォームになるのは間違いないでしょう。

また決済系のプラットフォームはかなりレッドオーシャンですが、Bitpayなどと差別化もできており、既存のプラットフォームが補えない点をカバーできているのが良いですね。

ユートラストが実用化されると?

  • 商品購入・サービス購入など全てが対応される
  • ブロックチェーン技術を用いてるので送金・着金が速い
  • 支払いに対して1%と手数料が安い
  • 複数の仮想通貨に対応するプラットフォーム
  • クレジットカード詐欺の心配がない
  • 顧客支払い保護サービスにより、買い手の詐欺リスクを低減させる

UTRUST(UTK)はKucoin上場後に価値が急上昇

トークンセールが2017年9月20日に開始され、個人投資家からすでに350万ドルを調達。Kucoin、HitBTCに上場後すでに1.5倍近い上昇を記録しています。

同時期に同じくKucoinに上場したよりも期待値が高いことがわかります。

ユートラストの未来を予想

BtoC、CtoCのやり取りに日本でも利用されはじめているPaypalですがその手続の複雑さにより、まだまだ浸透していないように思います。

日本にはpaypal以外にもSPIKEやStripe、最近でやYahoo!ウォレットなどのサービスも登場していますが、ユートラストはブロックチェーン技術を組み合わせた究極のオンライン決済ゲートウェイになることは間違いないでしょう。

日本の取引所に上場する予定は?

今のところ未定ですが話題性が高い通貨で海外の個人投資家にも人気ですから可能性としては高いと思います。

  • ビットフライヤー
  • コインチェック
  • GMOコイン
  • Zaif

などは要チェックですね!

バイナンス上場の噂は?

バイナンスに上場するという噂もあるので今後更に期待が高まるでしょう。

参考

ページの先頭へ